贈りものを選ぶ

実用的なものが良い

プレゼント

開店祝いには何を贈ればいいのか知っている人はあまり多くいません。
友人や知人が開店したときにどうせなら相手が喜ぶものを贈りたいものです。
開店祝いで喜ばれるプレゼントの特徴は次のとおりです。
すなわち実用的なものです。
たとえば、現金や商品券が代表的なものです。
開店祝いでお金を贈ることは失礼ではないかと思われるかもしれませんが、マナーに反するものではありません。
どうしても抵抗を感じる人はカタログギフトを贈ることをおすすめします。
相手が自由にその中から選ぶこともできるので、きっと喜ぶでしょう。
もし飲食店の場合であればお店にも置くことができるお酒もいいでしょう。
開店した年月日や店舗名を入れて贈るととてもおシャレです。
ただし、樽酒の場合はサイズが大きすぎるため、事前に相手と相談するといいでしょう。
また、身の回りで使うものも喜ばれます。
たとえば、電化製品がその代表的なものになります。
開店したばかりだとコストが必要になりますので、資金に余裕がありません。
そのため、身の回りには最低限必要なものしかないという場合が多いです。
したがって、あらかじめ何か不足しているものはないか、相手に聞いてプレゼントしてあげましょう。
他にも、開店祝いに花や観葉植物を贈るのもおすすめです。
ポイントとしては、鉢植えができるものであることと高さです。
特に、観葉植物はどんどん成長するのであまり高くならない植物を選ぶといいでしょう。

贈り物選びが楽になる

男性

開店祝いで何を贈っていいのか迷う人は少なくありません。
知人や親せきなどが起業した場合には、お祝いをするのが一般的です。
お祝いでは現金を渡す人も多いでしょうが、現金の場合はそれに加えて何か商品を贈ると喜ばれます。
その商品にふさわしいものを探すのなら、開店祝いに適した商品を扱うところから購入していくと便利です。
開店祝いを扱うお店には、通販などがあります。
通販ではいろいろな商品を扱っていますが、お祝い別に商品を紹介している通販も多いです。
何を贈ればいいのか悩んでいる場合には、そういった通販から購入していけばふさわしいものが選べます。
贈る相手と親しければ希望のお祝い品を聞くのもいいですが、自分で選びたい場合には専門の通販が役立ってくれます。
開店祝いでよく贈られる商品には、お酒やお花が挙げられます。
お酒は飲食店であればぴったりなお祝い品となり、店内に飾ってもらえることもよくあります。
お花も開店祝いにはよく見られるお祝い品ですが、観葉植物も店内のインテリア効果として人気があります。
同じく、壁掛け時計や絵画なども開店祝いとして魅力があります。
贈る相手の好みや店内の雰囲気が分かっていれば、具体的なインテリア用品が贈れます。
通販では、いろいろなインテリア用品も開店祝い用として扱っているので、幅広い選び方ができます。
開店祝いを扱う通販では、贈る側に直接発送することも可能です。
そして、メッセージカードや包装なども手掛けてくれる場合もあるので、温もりのある贈り物ができます。

失礼のない贈り方

箱を持つ人

友人や知人、親族や会社関係者などの人たちがお店をオープンしたり、またリニューアルなどしたときに必要になるのが開店祝いです。
しかし、相手の失礼にならないようにするには、最低限のマナーを知っておかなければなりません。
まずは品物選びですが、開店祝いの定番と呼ばれているのが現金や商品券、カタログギフトや花、観葉植物、お酒などです。
これらを選ぶことで相手側に余計な負担をかけることなく、祝いを済ませることができます。
また選ぶ品物ごとにも、守らなくてはならないマナーがあります。
まずは、現金や商品券などといった紙類を贈る場合は、しっかりと祝儀袋に包むのがマナーです。
祝儀袋の表書きには、筆などを使った濃い黒色や墨色で、祝いの文字やフルネームを書きましょう。
カタログギフトを選んだ場合は、メッセージカードを添えておくのもマナーです。
花や観葉植物を開店祝いに選ぶ場合は、その花などが店に合うかどうかの下調べが必要です。
また花には立て札書きが必要になる場合があるので、この書き方も知っておくべきです。
立て札書きには縦書きと横書きの二種類があり、どちらも開業祝いという文字を挟むように、先方の名前と送り主の名前を書きます。
開店祝いにお酒を贈る場合は、縁起が良いとされる銘柄のお酒を選ぶと良いでしょう。
特に日本酒は祝い酒として喜ばれることも多く、日本の伝統的な文化でもあります。
これらのマナーに注意して良い開店祝いを行いましょう。

お悔やみの気持ちを伝える

花

名古屋でお葬式のために、供花を贈る際は花屋に手配します。会場に設置してもらう際は、スタンドつきの花を購入すると良いでしょう。またこうしたお花は、お葬式を行う方の宗派に応じて種類を選びます。キリスト教徒の方であれば、百合がメインになるのです。

もっと読む

贈りものを選ぶ

プレゼント

開店祝いには実用的なものを送ると喜ばれます。たとえば、現金や商品券などです。カタログギフトもおすすめです。また、日常生活で使うものもいいでしょう。開業したときには必要最低限のものしかないことが多いので、電化製品などは人気が高いです。

もっと読む

予算を決めよう

バラ

名古屋の花屋さんでプレゼント用の花束を購入したい時には、予算をまず決めてからにしましょう。親身的なお店なら、予算内で上手にアレンジメントをしてくれます。また、日頃から評判の良い花屋さんを調べておきましょう。

もっと読む