お祝いの気持ちを形に

センスのよさで差をつけて

男性

家族や友人、お世話になった人がある日突然独立して開業することは珍しくありません。
開店祝いは贈る相手によって予算や品物を変えるのがベターです。
取引先の方なら2万円〜5万円の幅で調整します。
とくにお世話になった方には、5万円程度の予算が無難です。
友人は5千円〜1万円ほど、身内は2〜3万円が一般的です。
次に贈る品物ですが、相手の職種などによって差が出てきます。
飲食店の開店祝いなら、お酒や縁起物が喜ばれます。
シャンパンや日本酒のボトルに、店名やメッセージのデコレーションをしてもらうと華やかになります。
インテリアとしても飾れて、実際にお店で提供している銘柄なら喜ばれます。
招き猫は商売繁盛の象徴で、オブジェとしての存在感もあります。
対してクリニックの場合は、胡蝶蘭やオフィス用品などが適しています。
何を贈ったら良いのか検討がつかない場合は、金券や商品券がおすすめです。
相手に金額を知られたくなければ、カタログギフトをプレゼントするのも一つの手です。
開店祝いといえば胡蝶蘭のイメージが強いですが、人気の理由はたくさんあります。
胡蝶蘭には幸福が飛んでくるという花言葉があり、これから新しいことを始める人の背中を押してくれます。
また、一本一本から蝶が舞うような見た目の豪華さで、花粉や香りが少なく、アレルギーの方にも安心です。
1年中いつでも買えるので、開店祝いの定番として一番人気です。
カラー展開もあるので、華やかさにプラスして、自分らしい胡蝶蘭を贈ってみるのも面白いです。

店舗に花を贈る場合

レディ

商売を始めた知人に開店祝いを贈る場合には、いくつかのことに気を配ることで、相手により喜んで受け取ってもらえます。
開店祝いとして花を贈るときには、相手のお店によって贈る花の種類を変えるのが最適の方法です。
贈る相手が営業している店舗の広さによって、花を飾ることができることも限られてくるので、店舗に飾りやすいサイズの花を選ぶ必要があります。
一般的に開店祝いとして贈られる花には、店外に置いて飾るタイプのものと、店内に飾ることができるタイプの二つがあります。
特に店外に置くスタンドタイプのものは、送る店舗の周辺環境などにも配慮して、最適なサイズのものを選ぶことが大切です。
大き目のサイズのスタンドを贈る場合には横幅だけでなく、縦の幅にも注意する必要があります。
お店の外に花を飾れるスペースがないような店舗には、店の中に飾れる小型のものを贈ることで、相手に喜ばれます。
こうした店の中に飾るタイプの花の場合は、選ぶ花の種類も大きな意味を持ちます。
また店内に顧客がいるような店舗の場合には、花は匂いの少ないものを選ぶ必要があります。
開店祝いに花を贈る場合には、相手に贈る時期も大きな意味を持っています。
花をできるだけ新鮮な状態で贈るためには、開店した日に配送するのが最善の方法ですが、相手の都合によって状況が異なる場合もあります。
オープンした日は店舗が忙しいことも多いため、開店の前日に花を届ける方法もあります。

相手に喜んでもらう

ギフト

飲食店などの開店祝いをする場合、贈るタイミングは開業日の前日から一週間前がベストです。
開店日を過ぎてから品物が届くことにならないように、郵送で開店祝いを贈る場合は気を付けましょう。
ちなみに胡蝶蘭などのお花を開店祝いとして贈る場合は、例外的に開店日当日の午前中に贈るようにします。
最近はあまり気にする人も少なくなりましたが、相手方の為にさらに気遣いをしたいなら、六曜も考慮した方がいいでしょう。
縁起がいい大安の日に開店祝いが届くようにすると喜ばれます。
開店日が大安の場合は、前日は当然仏滅になるので、この日は避けなくてはいけません。
贈る時期と同様に大事なのが、開店祝いの具体的な品物です。
お花は幸福を招く花として知られている、胡蝶蘭が喜ばれます。
一か月から三か月くらい長持ちするので、花の美しさを長い期間鑑賞できるのも特徴です。
切り花の状態で贈っても構いませんが、根を張ることから、幸福が長持ちする意味が込められている胡蝶蘭の鉢植えの方がより縁起のいい品物になっています。
観葉植物を選ぶ時にも、金運アップにいいパキラや、幸福を招く木として有名なドラセラなどが、縁起物として有名です。
幸運や商売繁盛を招くものを贈りたいなら、招き猫や鏡が定番です。
招き猫は挙げている手で招くものが全く異なるので、どちらがいいのか相手のことを考えて選びましょう。
鏡は風水では悪いものを跳ね返し、いいものを招く意味があると考えられています。